部分脱毛はもっと評価されていい

実際にセットのなった部分脱毛を契約しようとした時に、何よりも先にするべき事は「どことどこの自己処理の手間を減らしたいのか」を確認することです。選べる脱毛プランの場合、脱毛部位の組み合わせや費用といった面で、サロンによって大きな違いが出てくるからです。お店選びがすんなりとはいかないのが選べる部分脱毛だと思います。あちこちの部位を脱毛したい場合、サロンの掛け持ちを考える方もいるようですが、私の個人的な考えとしてはあまり推奨はできないと思います。あくまで私個人の持論なのですが、様々な脱毛サロンを予定に落とし込むのってとっても気を使いますし、コストの事を考えても、逆に費用がかさむような気がしてなりません。もっとも自由度が高くてリーズナブルなのが脱毛ラボです。脱毛箇所は自分の好きなように組み合わせられるので、他人の手によってパッケージングされたプランに捉われることはありません。契約形態も回数パックプランと月額制が選べるという選択肢があります。そこで私が注目したのが「選べる部分脱毛」です。両ワキやVIOの施術が一段落したからと言って、それだけで脱毛した部位がなくなったわけではありません。季節の移り変わりとともに肌の露出部分が増えていくにつれ、どうしても気にせずにはいられないパーツは出てきます。需要が増えるのが腕・足・襟足などで、今年の夏こそはツルスベのキレイな肌でモテ期を引き寄せたいと思います。ミュゼプラチナムはこの中では一番全身脱毛の部位数に近く、複数のパーツをまとめて脱毛したい方向きです。割引キャンペーンが毎月1日付で微妙に変わりますので、契約前には要チェックです。他にもおすすめの脱毛サロンはありますが、じっくり違いを探してみることが大事です。そのための参考になるサイトはこちらです。脱毛サロンで脱毛されている部位の実績ランキングなんかを見ると、ランキング上位には「ヒザ下」「ヒジ下」「襟足」などが名を連ねます。強い傾向として、薄着になると直接見られる部分なので、気を付けたいという気持ちは手に取るように分かります。それ以外の人気部位では背中やヒジ上などがあります。ムダ毛が気になる部位は、大抵の場合1箇所ではないのが普通です。でも、毛量を減らしたいところがあちこちにあるからと言って、すぐに全身脱毛を始めようとは望まないことが普通かも知れません。全身脱毛といえばお金に余裕がないと無理というイメージがありますし、何より時間がかかり過ぎるという側面があります。パッケージングされた部分脱毛の候補としては、「脱毛ラボ」「銀座カラー」「ミュゼプラチナム」などがあります。脱毛ラボは12箇所または24箇所を全48部位の中から自由に選べます。銀座カラーはあらかじめ人気部位がセットになっています。ミュゼプラチナムは相当数の部位がセットになったプランが3パターン用意されています。各脱毛サロンごとに「部分脱毛」が収益の柱であるところと「全身脱毛を軸に集客をしているところ」に分類することができますが、実はその中間に当たると言ってもいい「セットになった部分脱毛」というコースを設けている脱毛サロンもあります。「選べる部分脱毛」とは、濃い毛を薄くしたいというパーツをオーダーメイドで付け足したり、あらかじめ人気部位をひとまとめにしたセットコースの事を言います。脱毛サロンごとに設定されているパーツの数に違いがあるので、コストの面でも差が広がりやすくなっています。どこより簡単なのは銀座カラーの「腕全セット」や「足全セット」ですが、これらのプランの場合は、ミュゼプラチナムの部位数の設定がないフリーセレクトコースが検討の対象として一番適していますので、要チェックです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ