「2015年12月」の記事一覧

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。 しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅が・・・

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。 今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。 麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るた・・・

せっかく完了したインプラント治療も

せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定します。 毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内・・・

インプラント手術の未経験者にとってどのくらい

インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。 今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。 麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。術後、麻酔が切・・・

希望すれば誰でも、インプラン

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れら・・・

今のところ、インプラントの痛みの歯根部はチタン製が主流

今のところ、インプラントの痛みの歯根部はチタン製が主流です。特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。 治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査とい・・・

代表的なインプラント適用のケー

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。 ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ