今のところ、インプラントの痛みの歯根部はチタン製が主流

今のところ、インプラントの痛みの歯根部はチタン製が主流です。特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。歯科医にインプラントの痛み治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントの痛み治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれで相当な開きがあります。
なぜなら、インプラントの痛みは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。インプラントの痛みが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
インプラントの痛み埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントの痛み治療の結果を左右するのです。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つです。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。
一口にインプラントの痛み治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
忘れてはいけないインプラントの痛みのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。
一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残っている自分の歯と同じく、歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ