様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。
歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費を覚悟しましょう。
もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診を受けるように言われます。
メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。
残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。
医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。
毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようじっと耐えてください。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。
大至急歯科医にかかってください。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。
もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ