代表的なインプラント適用のケー

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。インプラントの痛み治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントの痛みだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法とされています。手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラントの痛み治療でも、院内感染の可能性は否定できません。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
インプラントの痛みの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。
この治療の費用は地域や、歯科医によって差があると考えるべきです。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
欠損歯一本に対するインプラントの痛みなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところ長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。インプラントの痛みは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
残っている自分の歯と同じく、歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってセルフケアは欠かさないようにしましょう。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラントの痛み治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ