歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。
麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくのがとても大事です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方もインプラント治療のリスクが増大します。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安なく進めていけるでしょう。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも治療可能になっています。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探して、問い合わせてみましょう。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
大至急歯科医にかかってください。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。
定期検診を受ける費用は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。
従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。
残念ながら、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。
インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ