耐久性の面で、インプラントの痛み

耐久性の面で、インプラントの痛みはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
という段階を踏みます。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
インプラントの痛み治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で治療に取りかかるため患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。
インプラントの痛み治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。
例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。
見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。
インプラントの痛みが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないとは言えません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラントの痛み治療も院内感染の心配はあるものです。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと心得てください。
院内感染防止の対策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
これからインプラントの痛み治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。現実には、治療費といっても歯科医院ごとに差があると考えるべきです。なぜなら、インプラントの痛みは保険適用外がほとんどで、費用を自由に決められるのが建前です。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。インプラントの痛み一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ