せっかく完了したインプラント治療も

せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定します。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっと続きます。人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、全身麻酔になることはほとんどありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨など自家骨の移植手術であれば入院することや、複数の病院で手術することもあります。
自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。審美性を考えた場合、ほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。
定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医の腕と設備次第で、従来はできないといわれていた症例でも治療は決して不可能ではありません。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように歯みがきも気をつけてください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。
もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
しかし、医療費控除の対象ではあります。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。確定申告を行うときには、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すことを忘れないでください。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ