現在、インプラントの人工歯根

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。
この治療の費用は地域や、歯科医によって差があると考えるべきです。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。
それでも、相場はあると言えます。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところまだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの痛みの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。インプラントの痛み治療が適用されるケースとして、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。
インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは言えません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、まずは口腔内をきれいに保ってください。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントの痛みを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントの痛みの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントの痛みを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で具体的に示している歯科医院もごく普通になっているので、そこで調べるのも良いでしょう。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。インプラントの痛みの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、この歯はインプラントの痛みだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ