インプラント手術の未経験者にとってどのくらい

インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。
麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みが出てくるケースもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療できるところが増えてきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。
毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。
インプラント自体は人工歯ですが、普段のケアができなくなると歯周炎などの可能性があります。
例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、全身麻酔になることはほとんどありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、大がかりな手術を入院して受けることもあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも人工物を入れられた違和感を感じています。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように歯みがきも気をつけてください。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。
定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ