一口にインプラント治療といっても、3つのハ

一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。ですから、インプラントの痛み治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。
日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。
ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントの痛みが定着しなければ再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
これはインプラントの痛み治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。
一見したところ、自分の歯と同じくらいとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。
それでも、相場はあると言えます。
インプラントの痛みが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場です。様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されているので差は大きいと断言できます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。
歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。インプラントの痛みは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントの痛みを維持できなくなることが考えられます。
残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ