希望すれば誰でも、インプラン

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。大至急歯科医にかかってください。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費と考えてください。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのがとても大事です。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。定期検診を受ける費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛い面があります。
残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。
確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、いわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術は術中の痛みが怖いと思います。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ