キャンセル料として違約金や解約損料を請求

脱毛エステの中途解約を希望する場合、キャンセル料として違約金や解約損料を請求されます。
この解約料などは金額のMAXが決められていますが、本当に支払うべき金額については、現在通っている脱毛エステ店に、質問してみてください。
問題が発生した場合のために、契約する前に、契約期間中のキャンセルについても確かめておくとよいでしょう。脱毛エステについて言えば、街で看板を見かけたりチラシやネットで目にしたことのあるような大手の方が後悔することは少ないという意見が多くあります。
小・中規模のお店については、一番気になるエステティシャンのスキルが、とても良いとは言えないレベルのものだったり、客に対する気遣いが感じられないような態度を取られたりすることもあり、不満が溜まることがあります。大手のお店の方がはるかにスタッフの教育がされていて技術も接客態度も高いレベルにありますし、思いがけないトラブルが起こった時の対処の仕方も信頼できるものだと考えられます。
脱毛エステに必要な時間は、2、3か月に1回ほどの施術を十分になるまで続けますから、全員同じというわけではありません。
6回の施術で満足をすれば、ざっと1年から1年半の期間通うことになるでしょう。一つの部位で12回程度施術をすれば十分だといわれることが多いので、2年から3年かかります。毛の周期に沿った施術をする必要があるため悲しいですが月一のペースで受けてもあまり結果に結びつかないのです。
もし宣伝にひかれて脱毛エステに行ったりすると、絶対に勧誘されてしまう、と思っている人は大勢いるかもしれません。しかし、ここ最近の様子としては、勧誘行為を全く行わないことにしているお店も増えてきています。勧誘をきっぱり断る自信のない人はそんな「勧誘禁止」を明示した店舗を選択するべきかもしれません。
ただ、お店の用意する体験コースなどを受けに行く場合についていえば、強引なものではないにしろ、ある程度の勧誘はあるはずだとあらかじめ思っておくのがいいでしょう。脱毛エステをやってもらったとき、たまに火傷することもあるという噂があります。よく聞く脱毛エステの光脱毛は、白より、黒い色素に作用してしまうため、日焼けが目立つところや濃いシミのあるところは火傷することがあります。
日焼けやシミの濃い部分は施術しないようにしますが、なるべく日焼けしないよう気を付ける必要があります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ