インプラント治療はかなりの技術を要するの

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題もあります。このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療はかなりの費用を要することは確かです。健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。
現状では最低線が十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを承知しておく必要があります。
多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
高くついた場合、数十万円にもなることも覚悟してください。加えて、治療が失敗して障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方にすすめられる治療なのです。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされる患者さんが多くを占めます。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。
それは気にしないでください。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。
いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療経験者の口コミです。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ