インプラントならば、他の人工歯と比べてもし

インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。
障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても費用の差になってきますので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。
自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。様々なインプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった口コミがあったかもしれません。
それは気にしないでください。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。
最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。治療が失敗すると、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。
高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。保険がきかない理由ははっきりしています。この人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ