人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。それでも保険適用外なのはこの人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
インプラント治療にかかる費用を合計すると普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費には大きな開きがあります。
複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。高い費用も、一括払いには限りません。分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題が起きる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。インプラント治療による危険性を聞いたことがあると思います。
その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった口コミがあったかもしれません。それは本当のことではありません。
MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。
虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。
保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。
インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大事なメリットの一つです。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、それと裏腹のデメリットもあります。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。
加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は高額になることを知っておいてください。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。
治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。
安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ