インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思

インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。
問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった口コミがあったかもしれません。
それは違います。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。保険がきかない理由ははっきりしています。
インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクをゼロにすることはできません。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。リスクをできるだけ減らすためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても治療費には大きな開きがあります。
治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。
自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、それと裏腹のデメリットもあります。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。
障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。
現状では最低線が十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ